スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーノ・マーズの、転機となった一曲とは?

音楽界で最高の栄誉、グラミー賞を4度も受賞したアメリカのスター、ブルーノ・マーズ
その彼が選ぶ、ターニングポイントとなった自身の一曲がこちら!

グレネイド

グレネイド

好きな女性のために尽くすものの、報われない男性の姿を描いた失恋ソング。
なぜこの曲を選んだのかというと、ご本人いわく、

「歌詞が特別なんだ。魂のこもった辛い歌詞で、これまでとはガラッと違うスタイルに挑戦することができた。『Just The Way You Are』もずっと歌い続けていきたいけど、♪君は美しい~♪という歌詞ばかりは書きたくなかったんだ。」

とのこと。
それまでラブソングや前向きな歌が多かったなかで、1000万枚以上の売り上げを記録し、ブルーノ・マーズの代表的な一曲となったグレネイド。そんな新たな挑戦をし、多くのファンに受け入れられたこの曲を、知らなかったという人は、ぜひ一度、聴いてみては?

(「ZIP!」2017年1月24日放送分より)

⇒人気ブログランキングへ

B004WYVQYYドゥー・ワップス&フーリガンズ(生産限定スペシャル・プライス盤)
ブルーノ・マーズ シーロー・グリーン ルーペ・フィアスコ ダミアン・マーリー B.o.B
ワーナーミュージック・ジャパン 2011-01-11

by G-Tools



スポンサーサイト

吉本新喜劇のテーマ曲は失恋ソングだった!?

関西、とくに大阪の人なら誰もが知っているであろう、吉本新喜劇のテーマ曲。

♪ホンワカパッパ~♪と聞けば、幕が上がって劇が始まるシーンが思い浮かぶと思うのですが、実はこの曲、その楽し気なイメージとは違い、意外にも、失恋ソングだったのです。

タイトルは、SOMEBODY STOLE MY GAL

1918年にレオ・ウッドという人が作った曲で、訳すと「誰かがあの娘を奪っていった」となります。

♪ Somebody stole my gal
  Somebody stole my pal
  Somebody came and took her away
  She didn’t even say she was leavin’ ♪

  誰かがあの娘を奪っていった
  誰かがあの娘を奪っていった
  誰かが彼女をさらっていった
  彼女はサヨナラさえ言わずに

こんな、女にふられた悲しい男の歌だったとは・・・なんだか切ないですね

(「す・またん/ZIP!」2017年1月13日放送分より)

⇒人気ブログランキングへ

B001VEH1Y2エビバディ!笑おうサンバ!!
吉本新喜劇オールスターズ
よしもとアール・アンド・シー 2009-05-19

by G-Tools


錦織圭選手のバッグの中身は?

2016年11月27日放送分の「スポーツLIFE HIRO'S」にて、テニスの錦織圭選手が、試合の際にいつも携えているバッグの中身を公開していました。

バッグの中身チェック

やはり、一番場所をとっているのはラケットで、試合の時には8本以上、グランドスラムには10本くらい持っていくそう。

あとは小物類などで、サイフに腕時計、グリップ、携帯ゲーム(PlayStation Vita)、それから、音楽プレーヤーとイヤホンが入っていました。

ちなみに、最近のお気に入りの音楽は、大橋トリオさんで、試合前にもよく聴いているのだとか。
どの曲も好きだけれど、あえて1曲挙げるなら、「はじまりの唄」がいいそうですよ

⇒人気ブログランキングへ

B016BKOEPO10(TEN)
大橋トリオ
rhythm zone 2015-12-15

by G-Tools



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。