気になるニュース・動画の記事 (1/15)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸がジーンと熱くなるパラパラ漫画「振り子」

ネット上で感動の嵐を巻き起こし、動画再生回数が100万回を突破したパラパラ漫画「振り子」。制作したのは、自筆のイラストを使った芸でお馴染みの、お笑い芸人・鉄拳さん

もともと絵の上手さには定評がありましたが、この作品では3ヶ月もの期間をかけて、1080枚のイラストを書き上げたそうです。

人生の時を刻む“振り子”の中なかで描かれるのは、2人の男女が出会い、夫婦として共に歩みながら紆余曲折の人生をまっとうする物語。

わずか3分ほどの短編にもかかわらず、観た人の多くが涙したという感動作です。

(「めざましテレビ」2012年4月13日放送分より)

では、その話題の「振り子」をご覧下さい!

 

⇒人気Blogランキングへ

スポンサーサイト

インコが「足くっさ~!」

ワカケホンセイインコのローズくん(♂)
人間の足の裏のニオイを嗅いだ後、見事なリアクションをとっています^^



大きく体を仰け反らせ、まるで「くっさ~!」と言っているようでしょ。

実はこれ、ワカケホンセイインコの求愛ダンス。
大好きな飼い主さんのそばにいる時に、この動きをするようになったのだとか。

撮影した時がたまたま足の裏近くだったので、飼い主さんは「足くさ~ダンス」と呼んでいるんですって。

たしかに、動きがピッタリですよね

(「スッキリ!!」2010年8月9日放送分より)

⇒人気Blogランキングへ

せんとくんグッズが気になる

いまいち人気があるのかどうかよくわからない「せんとくん」ですが、
平城遷都1300年祭を盛り上げるために企画された、抱きつき人形「だっこせんとくん」が近く発売されるのだとか。



奈良県と大阪府の個人企業家らが集う異業種交流会「あそびじねす元気会」(吉村武代表、奈良県橿原市)が、平城遷都1300年祭の公式キャラクター「せんとくん」の抱きつき型人形「だっこせんとくん」(1050円)を企画、製作した。近く奈良市内のキャラクターショップなどで販売を始める。

塩化ビニール製で、体長約25センチ。空気を入れると、角や耳たぶ、鼻までふっくらして、愛嬌(あいきょう)たっぷりに。あそびじねす元気会メンバーで、流通コンサルタント会社社長の兼村美徳(かねむら・よしのり)さん(62)は「若い女性をターゲットに、1300年祭のお祭り気分を盛り上げ、楽しさを倍増させるグッズを、と考えた。せんとくんも人気が出てきたので、腕に巻き付けて、一緒に祭り会場へ“連れていって”もらえたら」と話している。

毎日.jp ニュース 話題 2009年11月19日より)


「せんとくん」、見慣れると何だか可愛く思えてきませんか?
気になったので、世の中にはどんな「せんとくん」グッズが出回っているのか探してみると、シールやキーホルダーなどなど、案外とあるもんですね。
……しかし、これって売れてるのかなぁ?

⇒人気Blogランキングへ

 平城遷都1300年祭 せんとくん 蒔絵シール スタンダード   平城遷都1300年祭せんとくんソーラキーホルダ5点セット(おまけ付き)
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。