その他の記事 (1/19)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒面に堕ちた花?

花、それは見る人を清らかに、そして明るい気持ちにしてくれるもの。
しかし、この世には、それとは真逆の、暗~い花があるらしい。

京都府立植物園で見ることができるという、その花が、こちら!

世界一暗い花かも?

世界一暗い花かも?2

な、な、なんと!あのダース・ベイダーにそっくり!!

実はこれ、中南米に生息する、アリストロキア・サルバドレンシスという花なのだとか。

なぜこのような姿をしているのかは不明だけれど、目のような白い部分に虫を誘い込んで受粉するそう。

う~ん、本当に不思議ですよねぇ・・・。

ちなみになんですが、この花の天敵は、もちろんルーク・スカイウォーカーではなく、ナメクジだそうですよ

(「す・またん!ZIP!」2016年1月20日放送分より)

⇒人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

欽ちゃん流「宝くじの当て方」

2014年10月8日放送分の『ごきげんよう』のなかで、「運をつかむ話」というサイコロの目をひいた的場浩司さんが、萩本欽一さんから教えてもらった「宝くじの当て方」について話しておられました。

※この日のゲストは、的場浩司さん、中村玉緒さん、萩本欽一さん

なにやら欽ちゃん、一等と数字が全く同じで組が違う、いわゆる「組違い」というものに当たったそう。

以下、番組より。

的場 : それでもすごいじゃないですか。「どうやって買ってるんですか?」って聞いたら、萩本さんの周りにいる方で、一年間あまり運を使っていなかった方、運を貯めていた方に買ってきてって頼む。で、番号の末尾だけは自分で決めるんですよね?

欽ちゃん : はい。みんないろいろ辛いこととかあるじゃない。そういう時、「なんでこんなひどい目にあうの!」って言わないで置いといて、周りにある数字を見る。それが、あなたが辛さから辿り着いた数字だから。うちの社員の人に、「ここ3か月間でなにか嫌なことあった?」って聞いたら、「会社に行こうと思ったらお腹が痛かった」。「その日は何日?」って言ったら「2月11日」。「ほら2と1だよ。不幸な数字を買ってくれば?」って言ったの。

的場 : これ、けっこうな確率で当たるみたいですよ。

欽ちゃん : そしたら当たるんだよって話をしたら、それが冷静な社員の方で、「そういう無駄なお金は使いません」って。

―― 会場爆笑 ――

欽ちゃん : せっかくいい話をしたのに、それじゃあ私の言ったことがウソになるからっていうんで、「あなたに代わって運を使わさせていただきます」って言って私が買って、そしたらちゃんと当たって、「ほらね」って。・・・だから、当たりますよ。

不幸な人に、不幸な数字、みなさんも試してみては?





お金が貯まる“おまじない”

蛇の抜け殻を入れる、お札の向きをきっちり揃えるなどなど、財布に関する“お金が貯まるおまじない”は幾つもありますが、2013年3月13日放送分の「はなまるマーケット」にて、岡江久美子さんがこんな変わった“おまじない”を紹介しておられました。

それは1万円札を使ったもので、うまく折りたたんで上部の端と端に印刷された数字をつなげると・・・・・・、

1億円札?


そう、1億円になるんです!
※千円札だと100万円に!

これを財布に入れておく。
ちょっとしたお遊びみたいなものですが、「いつか1億円を手にして、あれもこれも買って・・・・・」なんて夢が広がっていいですよね

⇒人気Blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。