お笑いの記事 (1/20)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wコロンのコンビ仲

2015年1月17日に公開される映画「アゲイン28年目の甲子園」の記念イベントに、お笑いコンビのWコロンが登場。
その模様が朝の情報番組「スッキリ!!」(2014年11月25日放送分)にて取り上げられていました。

Wコロン(ねづっち、木曽さんちゅう)といえば、コンビ仲が良くないということで話題になっていますよね。
で、今回もそのことについてイジられ、ねづっちさんはこう答えておられました。

「(2人っきりにされると)たとえて言うなら、激辛の中国料理が好きじゃない人みたいなもんなんですよね。
四川(視線)があわないっていう感じですね。」

Wコロン

上手いこと言ってますけど、なんとも悲しい現実ですね





スポンサーサイト

ノンスタ・井上にとって恋愛とは?漫才とは?

自称・日本一嫌われている芸能人、NONSTYLE・井上裕介さんの初の著書『スーパー・ポジティブ・シンキング』が出版されました。

スーパー・ポジティヴ・シンキング ~日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由~ (ヨシモトブックス)スーパー・ポジティヴ・シンキング ~日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由~ (ヨシモトブックス)
(2013/08/26)
井上 裕介

本の詳細を見る

この本には、毎日を楽しく前向きに生きる考え方に加え、恋愛テクニックも書かれているのですが、そんな井上さんにとって恋愛とは一体何か?

それは、「美術館みたいなもの」なのだとか。
どういうことかというと、ご本人いわく、

「1枚の絵画でも、観る人によって感じ方が違う。だから恋って、美術館みたいなものなんですよ

ということらしい。
・・・・・・
う~ん、カッコイイんだかどうなんだか・・・・・・。

ちなみに漫才は、「ラブソングみたいなもの」だとか。

「ノンスタイルの漫才を見ることによって、僕に恋に落ちていく人がたくさんいるってことですから、センターマイクから愛を届けている、そういう意味でも“ラブソング”になっちゃうんですよね

・・・・・・。

(「スッキリ!!」2013年8月27日放送分より)

⇒人気Blogランキングへ

ケンコバが驚いた、ムーディ勝山の一言とは?

2013年1月16日、 “ケンコバ”ことケンドーコバヤシさんが、アニメ映画「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」の完成披露試写会に登場しました。



お笑いタレントのケンドーコバヤシが16日、都内で行われた映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』(2月1日公開)の完成披露試写会舞台あいさつに登壇した。共演者と共に重量30~40キロの西洋甲冑に身を包んだケンコバは「使い込まれた感があって、剣道部の小手のような匂い。ちょっと癖になってくる」と苦笑。横に立つ川畑要からは「匂いがケンコバさんからきてて、そんなに汗かいちゃったかなと思ってた」と苦情を出された。

オリコン エンタメ・芸能 2013年1月16日


ベルセルク コミック 1-36巻 セット (Jets comics)ベルセルク コミック 1-36巻 セット (Jets comics)
(2011/10/06)
三浦 建太郎

商品詳細を見る


さて、そのケンコバさん、彼には仲の良い後輩にムーディ勝山さんがいて、いつも飲みに誘うそうなんですが、ある日、電話をして「いま何してる?」とたずねると、驚きの一言が返ってきたのだとか。
その一言とは・・・・・・、


「今は仕事で自宅待機です」

ケンコバさんいわく、

「なかなか会社のほうから仕事が来なくて、おかしくなってしまったみたいです。家にいることも仕事だと、そういうふうに気持ちを切り替えて、なんとか毎日を乗り越えているみたいです」

とのこと。
忙しかった毎日から一転して何もすることがない日々が続くと、そう考えなければやってられなくなっちゃうのかな。一発屋ってのも大変だなぁ

(「スッキリ!!」2013年1月17日放送分より)

⇒人気Blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。