スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズシンガー・akiko

薄暗い照明、落ち着いた部屋、洋酒に葉巻・・・・・・
ジャズという音楽にはそんなイメージを持っていました。

でも、この方にはそんなイメージが当てはまらないのかもしれません。
その方というのは、ジャズシンガー・akikoさん

「週刊朝日 11.16」で知ったのですが、ロックやパンクを愛好していた学生時代にジャズ
ミュージシャンから「一緒にセッションしない?」と誘われてジャズクラブで歌う。
その時初めて歌うことでギャラをもらい、「このバイト、いいじゃん!」と思ったことが
歌を職業にするきっかけになったんだとか。

なんだか堅さというか、ストイックさというか・・・・・・そういったものがなくて、軽い感じが
していいですよね。しかも、記事によれば、

『歌がうまいとか、本格的とか言われるよりも、「akikoっぽいね」と言われると嬉しい。
自分らしさが出せたとき、いろんな壁を越えて、自由になれる気がするんです。』

と語っているようなので、その既存のジャズの枠にとらわれないスタイルが、今まであま
りジャズを聴いたことのない新しいファンも獲得しそうでしょ

小西康陽さんプロデュースで、大好きだというクリスマス・ソングばかりを歌った最新
アルバムが発売されたということなので、ぜひ聴いてみてください。
⇒人気Blogランキングへ

a white album(初回盤) a white album(初回盤)
akiko、The Ska Flames 他 (2007/11/07)
UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)

この商品の詳細を見る


コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。