スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年サンデー&マガジン コラボ企画

小学館の週刊少年サンデーと講談社の週刊少年マガジンが、合同で新雑誌を創刊する
と発表しました。

  magazinesunday.jpg

違う出版社のライバル誌同士が手を組む意味とは……「めざましテレビ」によりますと、

『少年サンデーと少年マガジンが創刊されたのは、共に1959年の3月17日。
サンデーは「オバケのQ太郎」や「おそ松くん」など、子供向けのギャグ漫画が支持され、
その後「うる星やつら」や「タッチ」などの青春ラブコメ漫画で人気を博してきました。
一方、マガジンは「あしたのジョー」や「巨人の星」などのヒット作を生み出し、その後も
スポーツものや学園ものを中心に読者を獲得。

日本初の少年漫画雑誌として、同じ日に創刊され同じ曜日に発売され続けるなど、長きに
わたってライバル関係にあったサンデーとマガジン。
そんな2誌が今回手を組むに至った背景には、少年漫画誌の売上げ低迷にありました。
現在の少年漫画誌は子供向けの作品だけでなく、大人向けの作品も一緒に載せています。
それは、古くから読み続けている読者を離したくないという考えからだというのですが、
それがかえって世代ごとに「読みたい」と思う漫画の数が減ってしまい、雑誌よりも単行本
を購入する傾向を招いてしまったというわけだったのです。』

とのこと。そこで、雑誌から離れてしまった読者をもう一度呼び戻そうと、今回のような
コラボを企画したのですね。

さて、「コナン&金田一」はどれだけ売れるでしょうか・・・・・・注目です!
⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。