スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オグシオのユニホーム

6月22日、北京五輪バドミントン代表の公式ユニホームが発表されました。
雑誌やテレビで見た方も多いと思いますが、

「プライベートでも、こんなに短いのをはいたことがないので、恥ずかしい」
と潮田選手が語るほど、今までのユニホームとは異なるデサイン。

なぜこのようなユニホームになったのかというと、
サンデー毎日 7/20号」に掲載されていたヨネックス担当者の話しによれば、

『シャトルへの影響から試合中は空調を入れることができないため、北京では蒸し風呂の
ような暑さが予想されます。通常のウェアではウエストの部分が濡れて 疲労度が増します。
その点、ワンピースは通気性があり、足さばきもスムーズになります。』

とのこと。
なるほど、別に男性ファンを取り込もうという考えからではなかったんですね
まぁどんなユニホームであっても、オグシオが注目されることに変わりはないでしょうけど。
⇒人気Blogランキングへ

 熱闘 オグシオ Road to Champion   オグシオ・デイズ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。