スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪で動いた巨額マネー

連日、熱戦が繰り広げられている北京オリンピック。
テレビが映し出す選手たちの活躍の裏側で、大金を動かしていた人たちがいたことを
ご存知でしょうか?(以下、毎日放送「せやねん!」より)

まずは、開会式で空を飛び聖火を灯した李寧(リー・ニン)さん44歳。
李さんはロス五輪体操で金メダルを3個獲得した中国の国民的英雄。引退後はスポーツ
用品ブランド「李寧」を設立し、メーカー最大手に成長。
総資産 およそ240億円!
開会式で知名度が世界的に高まり、会社の株には買いが集中。自社株を2億株以上保
有する李さんは、株価が5%上昇して、個人資産額も一挙に33億円増加!

そしてもうひとつ、こちらはめちゃくちゃお金を使った人たち。
アメリカ男子バスケットボール代表、通称ドリームチームですが、彼らたちは選手村には
泊まらず、市内の1泊12万円もする5つ星ホテルに20日間連泊。
しかも、スタッフや選手の家族も泊まれるように200室を貸し切り。
その費用およそ6億円!

たしか、この度の北京オリンピックの開会式と閉会式には合わせておよそ100億円がか
かっていると聞きましたが、とにかく莫大なお金が動くオリンピック。
私たちが知らないだけで、他にもいろんな人たちがお金を使い、いろんな人たちが儲けた
んでしょうね   ⇒人気Blogランキングへ

 ドリームチーム ~バルセロナ五輪 1992~   VENUS北京―篠山紀信北京オリンピック女子アスリート写真集 (サブラムック)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。