スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草食系男子の落とし方

人を傷つけることも、自分が傷つくことも嫌い。ゆえに女性にもがっつかない。
今、そんな男性が増えているのだとか。

本能をむきだしにした肉食動物ではなく、仲間と肩を並べて草を食べる草食動物を連想させることから、そういった男性を「草食系男子」と呼ぶそうですが……

なぜ、「草食系男子」が増えているのか?

「草食系男子の恋愛学」の著者は、

『平和だったからでしょう。日本は60年以上も戦争をしていません。その結果、男性は暴力を行う肉体と精神を持つ必要がなくなり、徐々に穏やかになっていきました。』

と、「週刊文春 1月29日号」で語っています。

面白いのは、そんながっつかず穏やかな「草食系男子」を好む女性が多いということ。
昨年から草食系男子の「オトシ技」を特集した女性誌も増え始め、この春にも数誌で同様のページが組まれるという。

『男心を手玉にとる3大動詞は“触れる(スキンシップ)”“甘える(頼る)”“覚えている(マメである)”というような内容がウケています。』
(女性誌ライター)

前出の「草食系男子の恋愛学」の著者曰く、

『草食系男子にとって、交際相手の女性はどちらのタイプでも構いません。肉食系の場合は女性が恋愛をリードし、草食系の場合は緩やかなペースでのんびりした恋愛が成立するでしょう』

とにかく、草食系男子は根が引っ込み思案なので、女性のほうからアプローチするといいようですね。

いや~、それにしても、本当、男って時代とともに変わってきてるんですねぇ 汗;
⇒人気Blogランキングへ

 草食系男子の恋愛学   草食系男子「お嬢マン」が日本を変える (講談社プラスアルファ新書)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。