スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆藤愛子とティンカー・ベル

08年12月に公開されたディズニーアニメ「ティンカー・ベル」がDVDになって登場しました。

「ティンカー・ベル」は妖精たちが人間界に季節を届けるというストーリーですが、では一体、妖精たちはどうやって季節を届けてくれるんでしょうか?

そこで!「めざましテレビ」にて、皆藤愛子さんがティンカー・ベルに直撃取材!

 090403.jpg

皆藤愛子 : はじめまして!私、めざましテレビの皆藤愛子です
ティンカー・ベル : チリリリーン、チリリリーン、チリリリーン

ティンカー・ベルがマイクをいじって……

ティンカー・ベル : もしもし~、これでいい!?忘れてた!人間には妖精の言葉がわからない。鈴の音みたいに聞こえるんだったわ。

皆藤愛子 : 今日は日本に来てくれてありがとう!
ティンカー・ベル : 私たち妖精はいつもそばにいるわ。見えないだけなの。でも、自然を担当する妖精の仕事は毎日見てるはず!

皆藤愛子 : 本当に?例えばどんな仕事なの?
ティンカー・ベル : 秋に木の葉の色が変わるのはどうしてなのか考えたことある?それに、窓ガラスに霜の結晶を描くのは誰だと思う?何もかも妖精たちがやっているの!

皆藤愛子 : 知らなかった!じゃあ、もしかして日本の桜も?
ティンカー・ベル : そう!私の友達、植物の妖精「ロゼッタ」が塗るの!

皆藤愛子 : すご~い!じゃあ、あなたはどんなことができるの?
ティンカー・ベル : 私は物作りの妖精なの。道具を直したり作ったり。それを使って妖精たちが季節を変化させるの。あっ、そうだ!私、やらなきゃいけないことがたくさんあったんだわ。ごめんなさい、そろそろ行かなくちゃ……。

ティンカー・ベルが飛び去る

皆藤愛子 : あぁ、まだまだ聞きたいことがたくさんあったのに……。


ティンカー・ベルは忙しいようですが、妖精たちはすぐそばにいるんだってことがわかりましたよね

ちなみに、今年12月には続編が公開されるそうなのでお楽しみに!
⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。