スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日1曲作るのは可能か?キダ・タローさんの答えは・・・

音楽著作権譲渡を巡る5億円の詐欺罪で懲役3年の判決を受け、執行猶予中の“音楽プロデューサー・TK”こと小室哲哉氏が驚きの復帰プランを発表。

作曲家として完全復活するにあたり、なんと、一気に新曲50曲同時発売する計画を立てているのだとか。

※100曲を超える中から50曲を選び、早ければ来春にも発表する予定

関係者によると、すでに20曲を書き上げているとのことですが、なんでも、1日に1曲のペースで作曲しているのだそう。

かつて小室哲哉氏が作曲した曲数はおよそ1000曲。

現在の彼は当時ほど忙しくないとはいえ、1日1曲なんて可能なのか?と思いますよね。

“浪花のTK”いや“浪花のモーツァルト”ことキダ・タローさん曰く、
「あの人が書いているポップス系なら十分に可能です。1日1曲やと……彼の場合ならおそらくアレンジも含めて4~5時間やと思うんですよ。遊んでてもできそうなペースですね。」

「私も1日に6曲書いたことがあるんですよ。コマーシャルソングですけど。『くいだおれ』とか『有馬兵衛(向陽閣)』とかあの辺のクラスですね。」

「私の場合、2時間はかからないですね。作曲料は……忘れましたけど2、3万円だったんじゃないでしょうか。今から30年前やから、2、3万円っていうたら、まあまあですわ。」

(毎日放送「せやねん!」での電話インタビューより)

キダ・タローさんのことなので、どこまでマジメに答えているかわかりませんけど、まあ、才能がある人には1日1曲というハイペースも可能なんでしょう

⇒人気Blogランキングへ

浪花のモーツァルト キダ・タローのすべて
キダ・タローのすべて

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。