スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコラス・ケイジが金に困っている!?

1995年、「リービング・ラスベガス」でオスカーを獲得。その後も様々な映画に出演し、人生大成功!のはずのニコラス・ケイジ(45)が、銀行から「貸した金1億8,000万円を返せ!」と訴えられているのだとか。

しかも、2007年には5億6,000万円、2008年には6億円の所得税を滞納していたらしいんです。

年収が34億円もあり、去年の俳優収入ランキングでは8位にランクインしていた彼がなぜ!?と思いますよね。

毎日放送「せやねん!」によると、どうやら彼の性格に原因があるそう。

なんでも、とにかく欲しいものがあったら買う!という性分のうえ、「コレクター」気質で、全部集めないと気がすまないのだとか。

例えば、フェラーリ全車種!
1台でもスゴいのに、100台以上所有!中東の王様が頼んだ特注も、オークションで競り落として自分のものにしたといいます。

あとは、アメリカンコミック!
大切にしていたコミックを捨てようとしたことが原因で前妻と離婚したとか……。
※ちなみに、新たなお金を捻出するためオークションに400冊出品したところ、その総額が2億円にもなるほど価値があったらしい。

一般庶民にはとうてい理解出来ない感覚と金遣いですが、そもそも彼は“おぼっちゃま”。
本名をニコラス・コッポラといい、あの有名な映画監督「フランシス・コッポラ」の甥であり、かつ音楽家や作家、女優がそろうセレブな一族の生まれなんですよね。

つまり、生まれながらにして大金持ちだったわけです。
さらに自らが成功したこともあり、ついつい後先考えずにお金を使ってしまうのでしょう。

やっぱり、どんな人でも、自分の収入に見合った生活をしなきゃいけませんよね。
スケールが違いすぎる私が言うのもなんですが

⇒人気Blogランキングへ

 バンコック・デンジャラス デラックス版 [DVD]   ノウイング プレミアム・エディション [DVD]

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。