スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能リポーターの秘密

テレビのワイドショーでよく見る芸能記者会見。
実は、これにも知られざる「取材の法則」や「暗黙の了解」があったのです!

NEWSゆう+」“エンタメ公造力”芸能リポーター・井上公造さんの話によれば、

 井上公造

まず、芸能人の会見方法には2種類あるのだとか。
タレントさんがイスに座り、画面上に映っていないリポーターたちが質問する「座り会見」と、タレントさんのすぐそばでリポーターたちが質問する「囲み会見」。

もちろん、芸能リポーターがやりやすいのは「囲み会見」。
というのも、タレントさんの表情や息遣いがよくわかるからなんですって。
タレントさんが息を吸った瞬間に質問を入れると、言葉を発せずにはいられない(質問を回避できない)のだそうですよ。

また、多くの方が気になっているであろう、囲み会見時の芸能リポーターの並び順。
実はこれ、早い者勝ちだったんです!

ただし、新米リポーターが早く行って場所を取っていても、ベテランのリポーターが来たら「どうぞ」と言って場所を譲るケースがほとんどだそうですけどね。

※ちなみに井上公造さんの場合は、本当に早く行っているらしいです。
会見の様子・雰囲気を周りのスタッフから入手しておくためと、タレントさんから遠いと腕を伸ばしてマイクを近づけないといけないため疲れるから、だそう。

そして、芸能リポーター界の暗黙の了解は、
「タレントさんが“うるうる”している時は質問しない!」

“うるうる”、つまり泣きモードに入ったときは、10秒でも20秒でも涙を流すまでじっと黙って待つそうです。これはまさに、「空気を読む」ということでしょうか。

最後に、会見にかけつける芸能リポーターのギャラ。
どこからかギャラをもらって行くと、どの番組でもしゃべるわけにはいかなくなるため、基本的にはノーギャラなんですって。

以上、芸能記者会見は、もちろんタレントさんが主役なんですが、たまには周りの芸能リポーターの顔ぶれや表情などに目をやってみると面白いかもしれませんよ

⇒人気Blogランキングへ

コメント

芸能リポーター
芸能リポーターってなんなんでしょう!人を批判する仕事ですね。
たしかに、芸能リポーターは、人のプライベートをつついて楽しいか?と思うような仕事ですけど、自分を売り込むために、逆に芸能リポーターを利用する芸能人もいるそうなので……なんとも言えませんね v-389

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。