スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画評論家・寺脇研さんオススメ!韓国映画BEST3

かつて文部科学省で働き、現在は映画評論家として活躍しておられる寺脇研さん
高校時代から「キネマ旬報」に執筆を寄せていたほどの映画好きで、なかでも、韓国映画は300本以上も制覇しているのだとか。

そんな寺脇研さんが厳選する、韓国映画ベスト3がこちら!

第3位 「オアシス」

オアシス [DVD]オアシス [DVD]
(2004/12/23)
ソル・ギョングムン・ソリ

商品詳細を見る

韓国きっての純愛映画。前科を持つ男性と、脳性麻痺で身動きさえままならない女性。2人が社会から疎外されるなか、ただひたすら互いを愛しみ、いたわりあって生きていく姿を描いた作品。

第2位 「殺人の追憶」

殺人の追憶 [DVD]殺人の追憶 [DVD]
(2006/06/23)
ソン・ガンホキム・サンギョン

商品詳細を見る

80年代半ばに実際に起きた未解決の連続殺人事件を基にした作品。犯人を追って執念深く捜査を続ける刑事たちの活動を素に、韓国の歴史の闇が示されています。

第1位 「ペパーミント・キャンディー」

ペパーミント・キャンディー [DVD]ペパーミント・キャンディー [DVD]
(2001/03/23)
キム・ヨジンソル・ギョング

商品詳細を見る

ある平凡な男の半生と韓国現代史を重ね合わせ、現在から過去へと時間を遡る構成で描いた作品。韓国映画を代表する1本。


寺脇研さんいわく、韓国映画の魅力は「情」。

「人間の感情は押し殺さなければいけない、と現代人は思っちゃうわけですよ。でも本当は、悲しい時は悲しい、嬉しい時は嬉しいっていう風に“喜怒哀楽”をストレートに出していこうってことですよね。」

「韓国の俳優たちは、どんなに有名な俳優でも鼻水を流して泣くような『そんなかっこ悪い姿をみせてもいいの?』って思うくらいすごい演技をしますし、それくらいストレートに感情を表現しますからね。」

(毎日放送「ちちんぷいぷい」2009年11月5日放送分より)

韓国映画をよく観ているという人も、あまり観たことがないという人も、ぜひこの3本、チェックしてみては?

⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。