スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハローキティは大人にも愛されるキャラクター

2009年11月13日放送の『たけしのニッポンのミカタ!』に、ハローキティ3代目デザイナー・山口裕子さんが出演されていました。

 山口裕子
 ※画像はブログから拝借

山口裕子さんといえば、キティを世界的アイドルにした育ての親。
子供向けキャラクターだったキティは、今や世界中のセレブに愛され、商品は70カ国で展開。

新素材の洋服から、老舗とのコラボ商品など、発売されている関連グッズは年間約5万種類以上!なかには、あのYOSHIKIの要望で実現したyoshikittyのような、アーティストとのコラボ作品も!

このように、キティが大人にも愛されるキャラクターとなった経緯は……

山口 : 高校生からお手紙をもらったんですね。両親や友達から「キティちゃんは子供のためのキャラクターだから、卒業した方がいいんじゃない?」って言われる、と。高校生が持っていてもおかしくないデザインと商品を作ってください!って。それで、高校生向けのデザインを考えようと。その頃はデザイナーズブランドが立ち上がった頃で、まぁ原宿はほとんどモノトーンファッションだったんですね。で、「これだ!」と思って、モノトーンのキティを作ったんです。

1987年にデザインされたその斬新なモノトーンのキティは大人気になり、以降、大人のファンを獲得したのだとか。

ちなみに、山口さんは毎年、リボンの代わりに花を付けたキティや横顔のキティなど、新しいデザインを発表しているそうですよ。

子供から大人にまで愛されるハローキティ、これからも、まだまだ進化していきそうですね

⇒人気Blogランキングへ

ブログ「山口裕子inワンダーランド

 ハローキティ検定   KITTY GOODS COLLECTION MEMORIA―最新キティ・カタログ (1) (サンリオチャイルドムック 第 65号)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。