スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅尾美和選手の水着の面積は?

今、ビーチバレーの人気がものすごく高いですよね。
というのも、皆さんご存知の通り、男性誌のグラビアにも登場し、写真集やDVDも
大ヒットしている浅尾美和選手(21)や、ヒョウ柄水着で話題になった浦田聖子選手(26)
鈴木洋美選手(28)の「女ヒョウペア」などが注目されるようになったからでしょう。
ビーチバレーの観客は、若い男性を中心に10倍に増えたといいます。

 浅尾美和ファーストフォトブック「asao miwa」 [DVD付]   浅尾美和ファーストDVD「asao miwa」

そこで、気になるのが試合で着用される水着!
それに関して、「AERA 2007年5月21日号」にスポーツライター・原島由美子
さんが書かれた面白い記事がありました。

記事によると、試合のユニフォームは男女とも、ペアで同じ色、同じ形を着用するという
規定は共通だが、女性はビキニを基盤としたセパレート型水着と決まっている。しかも、
ショーツの側幅は“7cm以下”でなければならないという規定になっているという。

単純に“魅せるため”としか思えないような規定ですが、面白いことに、世界では成績が
上位になればなるほど、女子選手のビキニがきわどくなってくるらしい。

というのも、鍛えた体を見せつけて、相手を威嚇するのも戦力のひとつとされていること
と、ゴツイ水着よりも細い方が強くかっこよく見えるからだとか。
つまり、きわどい水着は強さの尺度にもなるということですかね。

大多数の人達はいやらしい目でしか見ていないかもしれませんが、そういうことも知って
見てみると、ちょっと面白くなりますよね   ⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。