スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍に1億2000万円!引退して手にする額は・・・

電撃引退表明後すぐ、ハワイにてポニーテール頭でゴルフを満喫する姿が報道された元横綱・朝青龍。彼に対しては賛否両論あると思いますが、かねてより注目されていた「特別功労金」の額が決まったようです。



日本相撲協会は10日の理事会で、泥酔暴行騒動の責任をとって引退した元横綱朝青龍関(29=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ)に、1億2000万円(推定)の特別功労金を支給することを決めた。元横綱貴乃花の1億3000万円に次ぐ、史上2番目の高額になった。退職金3685万円の減額もなく、引退後に支払われる懸賞金の協会積立金と合わせて額面で約3億4000万円を支払う。警視庁による暴行騒動の捜査も継続している中、世間の常識と懸け離れた大甘裁定が下った。

理事会では議長を務めた武蔵川理事長が、史上3位の25度優勝の実績などから「1億5000万円の実績はある」とした上で「問題も起こしている。出すべきか」と理事に意見を求めたという。複数の理事から「貴乃花よりも出すべきではない」など、減額を求める声が噴出。協議は紛糾したが、最後は貴乃花を1000万円だけ下る、1億2000万円で決着した。

nikkansports.com スポーツ・大相撲 2010年2月11日)


「彼の活躍からすれば、それぐらい当然だろう」という人もいれば、「あれだけの騒動を起こしていながらのその金額は甘すぎるだろう」という人もいるでしょうね。

私自身は相撲にも朝青龍にも全く興味がありませんので、ただただ「うらやましいなぁ」と思うだけ。でも、29歳という若さで3億円以上も手にするのだから、やっぱり朝青龍はスゴイ人物であることに違いはないのかな、とも思うのでした。

⇒人気Blogランキングへ

 一番、一番!真剣勝負   ドルジ 横綱・朝青龍の素顔 (講談社文庫)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。