スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押尾学被告の代役は監督本人!?

押尾学被告の逮捕により、一時はお蔵入りになりかけていた映画『誘拐ラプソディー』。
監督本人が押尾被告の代役をこなす形で再撮影し、ようやく完成へとこぎつけたようです。



16日、角川シネマ新宿で映画『誘拐ラプソディー』の完成披露試写会が行われ、高橋克典、林遼威、YOU、哀川翔、船越英一郎、そして榊英雄監督が登壇した。

本作は、押尾学被告が出演していたため、彼の逮捕によりお蔵入りの危機となったところを、監督自らが押尾被告の代役として撮り直しすることで完成までにこぎつけたことで話題になった。榊監督は「まさかこういう展開になるとは思わなかったですが、映画が完成して良かったです。(押尾被告の事件で)映画に問題が起こったときに、哀川さんら先輩たちが、『撮り直すんだろ』と言ってくれたので気持ちが楽になりました」と映画が完成した喜びを表していた。

喜びの気持ちは舞台に立った出演者にとっても同じだったようで、高橋も「この日を迎えることができてうれしいです。ホントにいろいろありましたんで」と晴れ晴れとした表情だった。そして「僕も只野(仁)というドラマを長くやっていましたが、ゼブラーマン(哀川)や、副所長(船越)とか強い人が集まっていますから」と力強くコメントし、会場の笑いを誘った。そして最後に、高橋の音頭で一本締めが行われると、会場からは拍手が起きていた。

本作は、借金まみれでくたびれた人生を送る主人公(高橋)が、人生一発大逆転のチャンスをつかむために、ヤクザの組長の息子を誘拐したことから、ヤクザと警察に追いかけまわされることになるロードムービー。荻原浩の小説を原作に、俳優としても評価の高い榊監督がメガホンを取った。

シネマトゥデイ 映画ニュース 2010年3月16日)


ちなみに、監督が押尾被告の代わりに演じたのは、冷徹なインテリヤクザ役なのだとか。
一体どんな仕上がりになっているのか、ちょっと見てみたい気もしますね

⇒人気Blogランキングへ

誘拐ラプソディー (双葉文庫)誘拐ラプソディー (双葉文庫)
(2004/10)
荻原 浩

本の詳細を見る


映画『誘拐ラプソディー』オフィシャルサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。