スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょこたん語「ギガント」の由来は・・・

“しょこたん”こと中川翔子さんは、「ギザ」「バッカルコーン」などなど、独特の言葉を連発していますよね。

そんな“しょこたん語”には「ギガント」というフレーズもあるのですが、
(※使い方例 : ギガントうれしす)
実はこの「ギガント」、大きさを表す「ギガ」の他に、ある生物をヒントに考え出したのだとか。

その生物とは……

ギガントキプリスアガッシィ!

「なんじゃそりゃ!?」って感じですが、この生物、体長2cm前後でオレンジ色の体をした深海性ウミホタルなんですって。

驚くことに、「最も光を集める能力のある目を持つ生物」としてギネスに記録されているんだそうですよ。

ギガントキプリスアガッシィ


こんな生物を知っているなんて、“しょたん”らしいですね

(「スッキリ!!」2010年12月21日放送分より)

⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。