スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USJの「ジョーズ」の模型を溶接したのは・・・

2011年4月3日、歌手のベッキー♪♯さんが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでライブツアーの初公演を行いました。



タレントのベッキー(27)が3日、開園10周年を迎えた大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」で歌手「ベッキー♪♯」として応援ライブを行った。 

同園の「10周年大使」を務めるベッキーは、東日本大震災の発生を受け、ライブタイトルを急きょ「ベッキー♪♯ Hand in Hand USJ Tour」と変更。「手と手を取り合って」「手をつないで」という意味が込められており、ステージではまず被災地に向けて黙とう。「被災地の皆さんを支えていかなくてはいけません。そのためには、まず私たちが元気にならなくてはいけません。今日はこのライブで皆さんが元気になってください」と2000人に語りかけ、USJの10周年テーマソング「GOOD LUCKY !!!!!」やデビュー曲「心こめて」など11曲を元気いっぱいに披露した。

日テレNEWS24 エンタメニュース 2011年4月3日)


さて、USJには、人気アトラクションの「ジョーズ」がありますよね。
その入り口には体長8mほどの大きな模型が展示してあり、撮影スポットとして大人気なのですが、その模型の尾と支柱をくっつけるために溶接したのは誰だかご存知ですか?
それは……

ジョーズの模型

溶接したのは・・・


KinKi Kids・堂本光一さん!

オープン前、開園に向けて盛り上げたいUSJ側と、溶接資格を持っていて実践してみたいと考えていた堂本光一さん側の思惑が一致。で、「ジョーズ」を支える部分を堂本光一さんが溶接することになったんですって。

作業を見ていた現場監督からは、「上手だ」と言われたんだそうですよ

(「スッキリ!!」2011年4月4日放送分より)

⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。