スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志田未来がアリエッティになったら

床下で暮らす小人の少女と人間の少年との交流を描いた映画「借りぐらしのアリエッティ」。
そのDVDとブルーレイ・ディスクが、6月17日に同時発売されます。



宮崎駿が企画、脚本の、床下に住む身長10cmの少女と人間の少年の物語『借りぐらしのアリエッティ』(10)のBD&DVDが6月17日(金)に発売されるにあたり、愛媛県美術館で開催されている「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」に5月22日、志田未来が一日館長として登場した。

愛媛県美術館の一日館長に任命された志田は「一日館長のお仕事を一生懸命頑張ります!」と意気込み、館長仕事として来館者の出迎えをし、小さな子供の来館者に握手をするなど、笑顔を見せた。突然来館した愛媛県の中村時広知事に志田館長は驚きを隠せず、ジブリが大好きだという中村知事からは「志田さんは画面から飛び出して来たみたいに、アリエッティそのもの。もちろん、アリエッティのブルーレイは予約済みです」と嬉しい言葉を受け取った。

Movie Walker 映画ニュース 2011年5月23日


 [「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [DVD]  [「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]

ちなみに、声を担当してからアリエッティのことが大好きになった志田未来さん
「もし、アリエッティのように小さくなったら何をしたい?」と尋ねられたところ、

おみそ汁の中に入りたい

と答えたそうです。

おみそ汁の中に入りたい

理由は、お母さんの作るみそ汁(とくにナスの)が大好きでガブガブ飲みたいから、だとか

(「スッキリ!!」2011年5月23日放送分より)

⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。