スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗は英語で・・・

秋の味覚、
この「栗」を、英語では何と言うかご存知ですか?

栗


正解は・・・・・・chestnut(チェスナット)!

「マロン」だと思っていた方も多いかもしれませんね。
私もそのひとり。でも、マロンでは通じないそうなんです。

『シューイチ』(2011年9月25日放送分)という番組で知ったのですが、フランスのお菓子・マロングラッセに使うマロニエの実を、日本で作るときに栗で代用したことから、栗のことをマロンと呼ぶようになったのだとか。

栗はマロンではなくチェスナット。
勉強になりました

⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。