勝俣州和さんが半ズボンをはく理由

2011年12月3日、深夜に放送された「きらきらアフロ」(テレビ大阪)のホワイトアフロのコーナーにて、勝俣州和さんが、いつも半ズボンを着用している理由を語っていました。

 ホワイトアフロ
 ※ホワイトアフロの声の主は交代制で、誰であるかはいつも明らかにされていません。

『僕がバラエティに出始めたとき、毎回、怒られてたんですよ。ディレクターとかプロデューサーに。「主役がちゃんと頑張ってるのに、脇のお前がなんでその主役を助けることができないんだ」って言って。で、落ち込んでディズニーランドに行ってシンデレラ城の前のショーを観てたんですよ。ミッキーとかミニーが真ん中で踊ってるじゃないですか。そのいちばん端っこで、たぶん自分と同じくらいの位置のキャラクターがめっちゃはしゃいでたんですよ。ミッキーよりも一生懸命に踊ってたんですね。それが、ピノキオだったんです。で、僕はピノキオになろう!と思って半ズボンにしたんです。』

ピノキオを意識して半ズボンにしていたとは、なんとも面白い話ですね。
ちなみに、持っている衣類のなかで長ズボンなのは、タキシードと喪服だけだそうですよ

⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック