スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生社長が作ったカードゲーム「ケミクエ」

2012年3月7日放送分の『みのもんたの朝ズバッ!』にて、遊びながら化学を学べるゲーム「ケミストリークエスト(ケミクエ)」が紹介されていました。

ケミストリークエストケミストリークエスト
(2011/12/11)
幻冬舎エデュケーション

商品詳細を見る

このゲームは、原子記号を記したカードを集めて分子を作り得点を上げる、というもので、開発したのはなんと、現在、小学6年生の米山維斗(ゆいと)さん。しかも、彼が小学3年生のとき。

それだけでも驚きなのに、さらに彼は、2011年7月、全国で出前の科学実験教室などを手がけているリバネスとヴィレッジの支援を得て「ケミストリー・クエスト株式会社」を設立し、日本人初の小学生社長となったそうです。

売れ行きは好調のようで、すでに全国の書店などで1万6千部も売り上げるヒット作となっているのだとか。

いや~、世の中には、すごい人がいるもんですね

⇒人気Blogランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。