スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉本新喜劇のテーマ曲は失恋ソングだった!?

関西、とくに大阪の人なら誰もが知っているであろう、吉本新喜劇のテーマ曲。

♪ホンワカパッパ~♪と聞けば、幕が上がって劇が始まるシーンが思い浮かぶと思うのですが、実はこの曲、その楽し気なイメージとは違い、意外にも、失恋ソングだったのです。

タイトルは、SOMEBODY STOLE MY GAL

1918年にレオ・ウッドという人が作った曲で、訳すと「誰かがあの娘を奪っていった」となります。

♪ Somebody stole my gal
  Somebody stole my pal
  Somebody came and took her away
  She didn’t even say she was leavin’ ♪

  誰かがあの娘を奪っていった
  誰かがあの娘を奪っていった
  誰かが彼女をさらっていった
  彼女はサヨナラさえ言わずに

こんな、女にふられた悲しい男の歌だったとは・・・なんだか切ないですね

(「す・またん/ZIP!」2017年1月13日放送分より)

⇒人気ブログランキングへ

B001VEH1Y2エビバディ!笑おうサンバ!!
吉本新喜劇オールスターズ
よしもとアール・アンド・シー 2009-05-19

by G-Tools


コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。